おすすめ情報

Inicio / Sigue la pista / リピーターばかりの地元の人気店

リピーターばかりの地元の人気店

シェアする

タグ: レストラン

Bodegas El Maño

パルマ通りとアクエルド通りの角にはその昔、ワインを大量に販売するための業者がいくつかありました。その後規制によりいずれの店も閉店しましたが、唯一、当時の時代背景とワインの魅力を知る『ボデガス・エル・マニョ』は再びマドリードのこの地にバルとしてオープンしたのです。map 

現在店を経営しているのはフリアン・ララとセルヒオ・オチョアの2人。古くからの知り合いだったという2人は同じマラサーニャ地区でカクテルバー『コラソン』と伝統的なバル『カサ・マカレノ』も経営しています。

彼らが情熱を傾けているのは、忘れ去られてほしくない昔ながらの空間に新たな命を吹き込むこと。『ボデガス・エル・マニョ』と出合った彼らは、先の2軒に続く弟的存在のタベルナ(居酒屋バル)をここでスタートさせました。亀裂がそのまま残された古い床は、長い歴史がある場所なのだと語っているようです。

気の置けない人との一杯に合うスペインの伝統料理

 

メニューはスペインの伝統料理が中心。

冒頭の写真のポテトサラダ「エンサラディージャ・ルサ(Ensaladilla Rusa)」には、甘いマヨネーズのエスプーマとピパラ(イバーラの青唐辛子)が添えられています。

そして上の写真はフライにしたポテトに目玉焼きが乗っている「ウエボス・ロトス(Huevos rotos)」 。卵を崩しながら混ぜて食べるスペインの伝統タパスなのですが、こちらは小さなホタテ(zamburiñas)が入っていて塩気も風味もプラスされているオリジナルの一品。

ビールのつまみにぴったりなのが、「トレスノス(Torreznos)」。豚バラ肉をカリカリに揚げたものです。

ベルモットやワインと一緒になら、オリーブ+アンチョビ+酢漬けした青唐辛子が串に刺さった「ヒルダ(Gilda)」を。

最後に、スペインの旗が掛けられたこの一皿は、とろけるポテト入りの「トルティージャ」とマドリードの名物「カジョス」。超定番タパスの組み合わせです。

毎週水曜日のみ、マドリードの郷土料理である「コシード」もメニューに加わります。

また平日のランチセット(Menú del día)は 11,90ユーロとかなりお得!

飾らない地元らしさと美味しさが嬉しい一軒です。

 

※この情報は2019年10月時のものです。サービス内容、価格、営業時間等は変更になる場合があります。

シェアする
評価

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!