テラスがあるバー

Inicio / テラス席があるレストラン / マドリードの絶好テラス3 フードが評判のスポット

マドリードの絶好テラス3 フードが評判のスポット

シェアする

海のないマドリードでの夏、人々が楽しみにしていることといえば屋上テラスでくつろぐこと。人気のルーフトップスポットは毎年増え続け、市内に50箇所以上もあるといわれています。

さてここでは、屋上テラスの中でも景色・メニュー共にいい場所をご紹介します。

 

 

ラジオ・ルーフトップ・バー(Radio Rooftop Bar / ME Madrid)

人気のホテル『MEマドリード』。世界展開しているホテルの屋上テラスは、ロンドン、ミラノ、NYなど多国の魅力ある文化がデザインとして取り入れています。
ソル駅から徒歩で7分ほど。毎夜賑わうバル街の中心にあるサンタ・アナ広場に位置する立地条件抜群の場所。360度街を見渡せる屋上の空中テラスは、「ラジオ・ルーフトップ・バー(Radio Rooftop Bar)と名付けらています。
特徴的なのは〝ミュージックとアート〟がテーマになっていること。毎日DJが立ち、異なる音楽が楽しめます。月・火曜は踊れるジャズ、水曜のテーマは〝マテリアル・ガール〟、木曜はロック、金曜は人気クラブ「カフェ・ベルリン」のリバイバルパーティ、土曜はアンダーグランド、日曜はトロピカル&カリビアン。NY、ロサンゼルス、ベルリンなど各国の夜を盛り上げている音楽のエッセンスが、曜日ごとにミックスされているのです。ここでは、毎日がいわばパーティ。
料理にも、世界を旅するスパイスが加えられています。マレーシア、メキシコ、日本、アルゼンチン、アラブ、カナリア諸島といった各地のテイストをミックス。ジャングル、海洋、大陸、火、と4つのカテゴリーに分け多国籍メニューを提案。中でも「火」は、ここ『ラジオ・ルーフ・トップバー』の大切なエレメントです。スペイン製のチャコールオーブン=ジョスパーを使って、牛肉やタコが風味豊かに炭火焼しています。
屋上テラスといえばドリンクはワインでもビールでもなく、カクテル。ここでは、「メキシコヒト」というユニークなネーミングのカクテルが人気なのだとか。
店内空間はラウンジ、クラブ、バー、レストランと異なる機能を有し、夜にライトアップされる建物自体もキレイです。
夏は、夜12時まで子供たちが遊ぶ声を耳にすることがあるかもしれません。目の前のサンタ・アナ広場には、子供用の遊具が置かれています。夜遅くまで子供たちは外で遊び、その横で楽しそうにお酒を飲んでいる大人たち。日本では考えられない光景ですが、そんなヒトコマからもスペイン文化を知ってみてください。

住所:Plaza de Santa Ana, 14
最寄り駅:Sol / Antón Martín
電話:(+34) 912 764 747
営業時間:日-木21:00-01:30, 金土 -03:00まで
平均予算:メニューの平均35€, カクテル15-18€
https://www.melia.com/es

 

 

ミラドール・デル・パラシオ(Mirador del Palacio)

19世紀の宮殿を利用している厳かなホテル『グラン・メリア・パラシオ・デ・ロス・デュケ(Gran Melia Palacio de los Duques)』。長い名前ですが、ぜひ覚えておきたい優良ホテルです。ベラスケスの名画〝ラスメニーナス〟からインスピレーションを得たというデザインによって、美しく華麗な空間が作り上げられています。
サバティーニ庭園や、マヨール広場、プラド美術館へ、徒歩でも行ける場所。ここで宿泊客以外にも利用できるのが、スペイン料理・フランス料理・ワインをメインとする3軒のレストランとカクテルバー。そして、プールがある屋上テラスです。
空中テラスの名は「ミラドール・デル・パラシオ」。ここから空を見上げてみてください。天に届くかのような開放的な気持ちになれます。涼しげなプールサイドに座ればなおさら、夏には最高。遠くに広がる山々と活気のある街並みとを同時に眺められるスカイラインは、首都マドリードならではです。地元の人たちは紫外線を避けてパラソルの下に隠れるなんてことは一切せずに、夏の太陽をここでたっぷり浴びています。日光浴の後は、ジャグジーでリラックス。
そんな格別の幸せが待っているのですが、ただ、利用するには少々条件があります。
プールに入るなら要予約。ホテルの宿泊客が優先なので、日によって人数が多い場合には一般客の受付をしていないことも。プールとテラスの利用料金は1日180ユーロ、半日の場合は135ユーロ。もしくは、ホテル内のレストラン「ドス・シエロス(Dos Cielos)」、「モントマルテ(Montmarte 1889)」、「コロア・ラウンジ&ガーデンギャラリー(Coroa Lounge&Garden Gallery)」のいずれかで食事をすると、プール利用料金はかかりません。
20時を過ぎると、テラスへは誰でも行くことができるようになります。といっても、やはり料金設定があり、1人30ユーロ(1杯のドリンク付)かかります。ベッドチェアの利用は135ユーロ。
ラグジュアリーなひとときを楽しめる大人たちだけの、究極の贅沢です。

住所:Cuesta Santo Domingo, 5
最寄り駅:Ópera
電話:(+34) 912 764 747
営業時間:月-日20:00-00:00
平均予算:30€
https://www.melia.com/es/home.htm

 

 

サバティーニ ・テラス(Terraza Sabatini /Jardines de Sabatini)

マドリードには屋上テラスが数ありますが、ここには、他のどのテラスとも違う特別な眺めがあります。それは、夜に美しくライトアップされる王宮。緑で囲まれたガーデンの向こうで静かに華を放つ姿は、幻想的。
このテラスを目的にホテルに宿伯するのもいいですが、一泊しなくてもテラスのみの利用も可能です。時間は20時~。日本の習慣からすると遅いスタートですが、スペインでは20時からようやく長い夜が始まるのです。
メニューにはマドリードの伝統の味が含まれた創作料理。シェフは、チェマ・デ・イシドロ氏。スペインにおけるガストロノミーと社会学に精通するミゲル・アンヘル・アルモドバル氏がアドバイザーに就いています。牛タン(Lengua escarlata)やフォアグラ(Foie)、フライドポテトと卵の上にイベリコ豚が乗っている伝統料理ウエボス・ロトス(Huevos rotos con jamón ibérico)。マドリードのソウルフードであるイカフライのボカディージョは、通常バゲットが使われていますが、ここではパオの生地にサンドしたオリジナル版になっています。サラダや、セビチェ、ペピトリア、フムス、パスタ、わさびが効いたゴマ和えのマグロのタタキ、カレーとフォアグラのあるボンディガスなど。ちょっとしたおつまみにも、お腹を満たしたい夕食にも、シェアして食べるにもいいメニューがいろいろ。デザートには、クラシカルなアイスクリーム、シャーベット、オリジナルケーキなどがあります。
ホテルのフロント横からの室内エレベーターか、もしくは、ホテルに入らずにも入り口の外にあるエレベーターから直接屋上へ向かうことができます。ガラスのエレベーター内から見えるアートのサプライズにも注目を。
必ず事前に予約をしてください。

住所:Cuesta San Vicente, 16
最寄り駅:Plaza de España
電話:(+34) 915 425 900
営業時間:月-日20:00-01:00
平均予算:フードメニュー 9-18€
http://terrazasabatini.com

 

 

ミラドール・マドリッド/シベレス宮殿(Mirador Madrid /Palacio de Cibeles)

シベレス広場にあるシベレス宮殿は、マドリードの重要なスポットの1つ。市役所本部が置かれ、文化センター(Centro Centro)もあります。ガイドブックやポストカードでも定番の観光地として掲載されているので、見たことがある人も多いことでしょう。でももし、その存在は知っていながら8階に眺めのいい展望台があることを知らないとしたら、ぜひ、記憶にインプットしてください。
吹き抜けの美しいホールから、6階へ。さらに階段を上って行くと、マドリードの360度パノラマが広がる展望台があります。手すり部分に市内マップが設置されているので、目の前に広がる景色の中でどこに何があるのかも見てわかりやすいです。
景色が楽しめるだけではなく、ここでは、コーヒーやカクテルを飲んでくつろぐこともできます。展望台へ上がるには大人2ユーロが必要なのですが、6階までは無料。その6階に、テラス付きのレストランとカフェがあります。左右に分かれて2カ所の入り口があるのですが、カフェの入り口ではまず4.5ユーロを払ってチケットをもらいます。これはテーブルチャージではなく、最低オーダー料金。最後の精算時にそのチケットを渡すと、合計料金から4.5ユーロを差し引いてもらえます。つまり、テラスの使用料はタダなのですが、事前に最低オーダー料金として設定されている4.5ユーロを払わなければならない、というシステムになっています。
メニューはドリンク類とケーキや軽食。カフェ1杯が4.5ユーロとややお高めですが、それでも、贅沢な雰囲気を味わえるので利用する価値は十分にあります。
一方レストランのほうでは、アドルフ・ムニョス氏がトラディショナルな料理をベースにした創作料理を提供。130種類のワインが揃い、テラス席からはマドリードの中心街が眺められます。食事も空間も美しく、記念日や大切な人と過ごす日におすすめ。
テラスに立ち寄る前後には、ぜひ建物内の他の階も見学してみてください。アートの展示や、マドリードグッズ等を販売しているショップもあります。各階にある休憩用のソファでは、昼食後に昼寝をしている大人たちも。WIFIが利用できるデスクは誰でも利用できるため、勉強や仕事をしている人たちもいます。観光の合間のひとやすみに、ちょうどいい場所です。
ちなみにシベレス宮殿に市役所が移転してきたのは2007年。その後、建物の修復工事を経て2011年に文化センターができ、それまでコムニカシオネス宮殿と呼ばれていたのが、シベレス宮殿(Palacio de Cibeles)と名前を変えました。もしそれ前にマドリードを訪れたことがあるという人は、情報の更新を。

住所:Plazade Cibeles, 1
最寄り駅:Banco de España
電話番号:(+34) 914 800 008
営業時間:屋上テラス 火~日曜10:30~13:30/16:00~19:00 30分ごとに入場
入場料:大人2ユーロ、12歳未満の子供0.50ユーロ(毎月第1水曜日、5月2日・15日、10月12日は無料)
休館日:月曜、1月1日・6日、5月1日、12月24・25・31日
http://www.centrocentro.org/

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!