ドリンクが充実

Inicio / 中心地にあるレストラン / Angelita 懐かしい家庭の味+スペインモダン+自然派ワイン

Angelita 懐かしい家庭の味+スペインモダン+自然派ワイン

シェアする

『Angelita』ワイン好きなら、きっと気に入るはずの1軒

グラン・ビア通りの1本裏手にあるレイナ通り。スペインの中でもとりわけ注目されているシェフたちが店を構えるエリア内に、ここ『Angelita(アンへリータ)』があります。
オーナーは、ビジャロン・ダビッドさん、そしてマリオさんの2人兄弟。それぞれ、食とワイン、カクテルについて専門の知識を持ち、長年にわたって料理分野に携わってきています。
家庭料理店を営む両親のもとで育ったという彼ら。現在手がける料理にはモダンな創作が加えられていますが、彼らのレストランの原点にあるのは、幼い頃から身近にあったという素朴な郷土料理の味だといいます。

両親の食堂は、マドリードのカラバンチェル区にあったそうです。そこで料理の基本を覚えた2人は、両親の元を離れ、セラーノ通りにあるレストラン『El Padre(エル・パドレ)』へ。そしてさらに経験を重ねがら、少しずつ家庭料理を進化させていきました。やがて、セレブたちからの評判が高まりワンランク上の料理人としてその名を知られていくことに。常に品質の良い食材を使用し、正直で、馴染みやすい味を提供してくれるという点が、幅広い層にファンを増やしていった理由の1つでした。

伝統に基づいた新たなオリジナル料理に手応えを得た2人は、街の中心地グラン・ビアにこの店『Angelitaアンヘリータ)』をオープンさせました。近くには有名シェフのアルベルト・チコテ氏がプロデュースした店『YAKITORO(ヤキトロ)』のほか、カクテルバー『Del Diego(デル・ディエゴ)』、『Bar Cock(バル コック)』などがあります。そんな人気店揃いの中でもこの店は真の美食家に支持されている注目すべきワインバルレストランといえます。

Angelita carne

開放的な空間、品揃え、サービス、すべて◎

店内は、雰囲気も営業時間も異なる2つのゾーンから成っています。内装のイメージは、「ロンドンのサロンとNYのクラブの中間」だとか。
1つは、通りに面したガラス窓から陽が差し込む開放的なスペース。木製のインテリアで温かみがあります。もう1つは地下にあるアメリカンバー。チェスターソファに座って、格別なカクテルを味わうなら、こちらへ。

空間はモダンですが、メニューには食堂でおいしさを覚えた彼らならではの一品があります。
例えば、鶏肉でダシをとった伝統的なスープ。玉ネギ、生ハム、パルメザンチーズ、そして卵の黄身を添えて一見斬新に見えますが、ベースのスープはあくまでもシンプルで素朴。
このほか、醤油味を加えたイベリコ豚のたたきや、マンテキーヤ(白身魚の一種)のグリルなども、奇をてらいすぎていない、どこか懐かしさのある味が特徴です。

また、おつまみとなる一皿にも産地や質がしっかり選ばれています。カタルーニャ州ビック製のサルチチョン、アンダルシア州ウエルバ製のロモやモハマ(マグロのジャーキー)、カスティーリャ・イ・レオン州サモラ製のピリ辛チョリソなど。

そして最後に、この店最大の大事なポイントを。

ここでは、ワインにかなりこだわりがあります。セレクトしているのはソムリエの資格を持つダビッドさん。確かな環境とプロセスで丁寧に造られている小規模生産の自然派ワインを厳選しているそうです。スペイン産はもちろん、ポルトガル、イタリアのワインも。カウンターに座って、会話を弾ませながらおすすめのワインを選んでもらうという楽しみ方もおすすめです。

スペイン各地の伝統の味、素朴なおいしさ、飲み心地のいいワインが揃い、しかも、定番すぎずに新しい感覚も加わっている。食好きには嬉しい良店です。

取材:Abraham Rivera
撮影:Juan David Fuertes

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!