ドリンクが充実

Inicio / 観光スポット周辺のレストラン / 主演は【ビール】。上質な料理とのマリアージュを提案

主演は【ビール】。上質な料理とのマリアージュを提案

シェアする

El Sainete

セゴビア通りの一角。200種を越すビールを揃え、ビールと料理のマリアージュを提案しているレストランがあります。店名は『El Sainete(エル・サイネテ)』。17世紀末、演劇の幕間に演じられていた喜劇的寸劇のことをサイネーテと呼んでいました。そこからアイデアを得た名だと言います。map

料理を担当しているのは、グルメフェアで「シェフ国民賞」を受賞し、星を獲得した経験も持つフラン・ビセンテ氏。スペインはもとより、日本をはじめ海外でも名声を得ている人物です。彼を知る人であれば、彼が作るペピトリアソース(卵とアーモンドを使ったソース)がどれほどすばらしいかを知っていることでしょう。ここ『El Saiete(エル・サイネテ)』でももちろん、そのソースを堪能することができます。

メニューを見ると、シェフが伝統的な料理を好んでいることがわかります。ムール貝のマリネ、マグロの腹部と牛スジの煮込み、バカラオのほぐし身を使った料理など。シンプルに見える一品も実は複雑に手が込んでいるというのは、おいしさを味わえば納得するはず。

すべての料理には、それぞれ合うビールが3種ずつ提案されています。それがメニューで一覧できるというのもこの店の特徴。
ビールとのマリアージュは、デザートに至るまで考慮されています。

EL SAINETE Ensalada de bonito en escabeche-2

店内を構成しているのは、異なるコンセプトを持つ4つのスペース。それぞれ名前が付けられています。まずは、「ラ・グリフェリア」。カウンターバーがあるバルスペースです。ハーフサイズで料理をオーダーすることができて「軽く1杯」という時でも気軽に立ち寄れます。地下に進むと、3つのスペースが。カジュアルにテーブル席をシェアして座る「アンビグ」。落ち着いてゆっくり食事を楽しみたい人におすすめの「パウサ」、そして、少し隠れた空間でイベントやテイスティング会が開かれていることもある「バンバリナス」。地下は洞窟のようなレンガ造りになっています。

インテリアにはあまり装飾がなく、シンプル。
あくまでも主役はここに食べに来る人と料理である、ということを表しています。

取材:Martín López
撮影:Paco Montanet

※営業時間やサービス内容等、情報は変更になる場合があります。

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!