おすすめグルメ

Inicio / おすすめグルメ / マドリードのおいしいクロワッサン

マドリードのおいしいクロワッサン

シェアする

外はパリッと、中はバター生地のミルフィーユがしっとり。パンなのに、ジューシーと表現したくなる満ちた食感。
そんなおいしいクロワッサンをご紹介します。今回は、マドリードでおすすめの店を10軒。
マドリードで人気の菓子パン風クロワッサンもぜひお試しを。

 

マドリードのおいしいクロワッサンポメ・スクレ (Pomme Sucre)

この店のパティシエを務めるのは、2012年にスペインのベストパティシエ1位に輝き、ヨーロッパ1の腕を持つとも称されたパコ・トーレブランカ氏。彼は第1号店をアストゥリアス州の都市ヒハンにオープンさせました。そこでクロワッサンのおいしさが評判に。待望の2号店をマドリードに開くと、たちまち口コミが広がり地元で多くのファンを集めていきました。販売されているクロワッサンは、バター、チョコレート、アーモンドの3種。

価格:1個 1,50 €
住所:Libertad 26
WEB:Pomme Sucre

 

レバデュラ・マドレ (Levadura Madre)

マドリード市内に10店舗展開する『レバデゥラ・マドレ』。アルカラ通りにある自社工房で焼き上げたクロワッサンを、各店舗で販売しています。バター味のプレーンのほか、全粒粉を使っている「インテグラル」と、穀物を加えたタイプがあります。おやつにちょうどいいミニサイズも。

価格:1個 1€
住所:Isaac Peral 18 (他9店舗)
WEB:Levadura Madre

 

マドリードのおいしいクロワッサンビエナ・ラ・クレム (Viena La Crem)

バターがたっぷり練り込まれ、何層にも重ねられた生地がさっくりとおいしい『ビエナ・ラ・クレム』のクロワッサン。販売されているのは、サン・アントン市場内と、サンタ・ブリヒダ通りにある直営店の2ケ所。基本はバター味のプレーン、チョコレート、アーモンドの3種。このほか、サプライズの味が焼き上がっていることもあり、時には抹茶風味のクロワッサンも。

価格:1個 1,30 €
住所:Sta Brígida 6
WEB: Viena La Crem

 

ママ・フランボワーズ (Mamá Framboise)

上品なスイーツが揃う人気店『ママ・フランンボワーズ』。パティシエのアレハンドロ・モンテス氏は2006年にスペインのベストパティシエの1位を獲得、2007年にはベストショコラティエに選ばれ、以後ずっと第一線で活躍しています。注目のクロワッサンは、食感の良さと、噛むほどに広がっていく甘さが絶妙。プレーン、チョコレート、アーモンド、アプリコット、フランボワーズ・ジャム、ヘーゼルナッツ・クリームの6種が揃っています。
店はフェルナンド6世通り23番地にある直営店のほか、「ホテル・オンリーユー・アトーチャ」内など、計6店舗を展開しています。

価格:1個 1,20 €
住所:Fernando VI 23  (他5店舗)
WEB:Mamá Framboise

 

マドリードのおいしいクロワッサンラ・ミメ (La MiMe)

サラマンカ地区にあるカフェ『ラ・ミメ』。朝食タイムはいつも混んでいる人気店です。名門コルドン・ブルー専門学校で料理を学んだ2人のパティシエが焼き上げているクロワッサンは、サックリ度が高く、香ばしいのが特長。

価格:1個 1,30 €
住所: Padilla 41
WEB:La MiMe

 

オリオル・バラゲル (Oriol Balaguer)

スイーツ界のピカソと呼ばれた名パティシエ、オリオル・バラゲル氏。数々の賞を獲得し、日本でも店を開いたこともある彼の名をすでに知っている人も多いことでしょう。彼が作るクロワッサンは、スペインで最も美味しいクロワッサンの第1位に輝いたことがあります。バターの塩気と甘みのバランスが良く、クセになる食感。
その味を確かめてみるなら、芸術的なチョコレート作品が並ぶ『オリオル・バラゲル・ブティック』と、100年以上続く老舗チョコレート店『ラ・デゥケシータ』のいずれかの店へ。

価格:1個 1,50 €
住所:『オリオル・バラゲル・ブティック』José Ortega y Gasset 44
『ラ・デゥケシータ』Fernando VI 2
WEB:Oriol Balaguer

 

マドリードのおいしいクロワッサンパコミード (Pancomido)

パン、スイーツ、ボカディージョ、ピンチョスなど、テイクアウトにもいい軽食が揃っている店『パンコミード』。クロワッサンを焼き上げているのは店内ではなく、アルコベンタスにある専用のパン工房だそう。それでも、焼きたてのサックリとしたおいしさを感じられるのが、こちらのクロワッサンの実力。

価格:1個 1,40 €
住所:General Oraá 22 (他4店舗)
WEB:Pancomido

 

フォンティ (Fonty)

フランス最高峰の腕を持つと言われるパティシエ、マリエ・パルデス氏が作るクロワッサン。自慢の品は他と比べてやや値段が高いのですが、それだけの価値のある味です。濃厚なバターの風味が内側の生地にしっかり閉じ込められ、パリッと噛んだ瞬間に口に上品なおいしさが広がっていきます。プレーンのほか、生ハムやチーズ、サーモンを挟んだサンドイッチも。

価格:1個 1,80 €
住所:Castelló 12  (他1店舗)
WEB: Fonty

 
★続いての2軒は、スペインスタイルのクロワッサンが食べられる店。
フランス生まれのパリパリ系クロワッサンとは異なり、ふんわりした甘い菓子パン風なのがスペインスタイルです。

 

マドリードのおいしいクロワッサンオルノ・サン・オノフレ (Horno San Onofre)

1972にオープンした『オルノ・サン・オノフレ』。グランビア近くやサンミゲル市場内など、市内に5店舗を展開している有名店です。伝統のお菓子から新しいモダンなケーキまでさまざまな種類のスイーツが豊富に揃っていることも、ファンが絶えない理由の1つ。ここで売られているクロワッサンは、何層にも生地が重なるパリパリとしたあの食感ではなく、甘みがあるふっくらと柔らかいタイプ。コーヒーとの相性は抜群です。

価格:1個 1,20 €
住所:Mayor 73  (他4店舗)
WEB:Horno San Onofre

 

ラ・マジョルキータ (La Mallorquina)

ソル駅を出てすぐ。プエルタ・デル・ソルの角に、甘い誘惑に満ちたショーウインドウを見ることができます。1814年創業の老舗菓子店『ラ・マジョルキーナ』。古くから長年愛されている店で、クラシカルなスイーツが揃っています。スペインならではの伝統的な味を知るには、ここを訪れることをおすすめします。カウンターが終日混んでいるのがこの店のスタンダード。その賑わいと、店内で立って食べるスタイルがまた、マドリードらしさ。クロワッサンの種類は、プレーンと、チョコの2つ。ミニサイズもあります。

価格:1個 1,10 €
住所:Mayor 2
WEB:La Mallorquina

 

取材:Silvia Artaza

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!