アーティスト

Inicio / 雑貨 / 海のないこの街でキャッチされる、骨つきお魚ポーチ

海のないこの街でキャッチされる、骨つきお魚ポーチ

シェアする

マドリードには海がありません。ビーチもなければ、釣る魚もいません。
ですが、これからご紹介するブランド『Don Fisher(ドン・フィッシャー)』のおかげで、人々はちょっとした漁師のスピリットを身近に感じることができています。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

2013年にスタートした『Don Fisher』。
地中海に住む魚をモチーフに、ペンケース、化粧ポーチ、財布をデザインし、販売直後から人気はすぐに広がっていきました。現在は、リュックサックやトートバッグ、スタイ(よだれかけ)など、新しいデザインが数多く登場しています。

ブランドを支えているその人たちんの名は、デザイナーのフリア、ソーシャル・マネージメントと国外向けの販売を担当しているロレナ、そして船長に扮装してブランドをPRしているネストル。

フリアの頭の中に魚モチーフの構想が浮かんだのは2012年のことでした。
「かわいく、綺麗なものを集めて販売したい」と考えを巡らせている中で、スペイン語のbonitoという単語が「きれい・かわいらしい」と、「カツオ」という2つの異なる意味を持ち合わせていることに着目。「美しいものを探す」という言葉は「カツオを追い求める」とも言い換えることができ、つまりは魚を釣ることは、かわいらしいものをチョイスすることに通じる。と、こうして発想を膨らませていった結果、魚モチーフの雑貨デザインができあがっていったと言います。

ネストルが扮しているのは、世界中の海をめぐり、「bonitos」を追いかけている(架空の)船長、その名もDon Fisher。

ユーモアたっぷりの彼女たちの遊び心は、商品の中でも実際に目にすることができます。
なんとポーチを開くと、中は骨柄!

100%コットン製で、すべて手作り。
2018年現在オリジナルショップはまだなく、マドリード市内では以下のショップで販売されいます。

・La Central de Callao  (住所:Postigo de San Martín, 8),
・El Pájaro Invisible  (住所:San Pedro, 6),
・Contigo alla fine del mondo  (住所:Divino Pastor, 16)
・El Globo Muebles  (住所:Ayala, 88). 

お店のオンラインショップはこちら→  tienda online.

取材:María Arranz

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!