テラス席があるレストラン

Inicio / 観光スポット周辺のレストラン / 街の心臓部プエルタ・デル・ソルを上から見ると・・・

街の心臓部プエルタ・デル・ソルを上から見ると・・・

シェアする

マドリードの中心にあるプエルタ・デル・ソルは、観光客のほとんどが足を運ぶ場所です。マドリードのシンボルが建ち、待ち合わせをしている人、記念撮影をしている人、観光客相手にパフォーマンスをしている大道芸たちが行き来しています。バルや買い物に向かう地元の人たちにとっても、ごく身近にある日常の一部。そんなマドリードで最も有名なスポットを眺めながら、カスティーリャならではの伝統料理を食べられるテラスがあります。

メディアにたびたび登場する有名シェフ、アルベルト・チコテが長年の夢を実現させてオープンさせた店『Puertalsol by Chicote(プエルタソル・バイ・チコテ)』。彼のアイデアは、この店で真の伝統料理を復活させることでした。そのために重要だったのが、炭火焼グリルの設置だったといいます。旬の食材の旨味を炭火で引き出すという、シンプルで最も伝統的な調理法です。

500gの骨つき牛肉、マグロの頬肉、そして米料理まで、さまざまなメニューに炭火が使われています。こんがり焼き上げられるアーティチョークは、アーモンドとニンニクで作るアンダルシア地方の冷静スープ添え。

焼き物以外には、カスティーリャ地方の煮込み料理コシードのコロッケ、イカフライ、エンパナーダ、マヨネーズで野菜を和えているロシア風サラダといった王道の料理が揃っています。
デザートのためにも、別腹を空けておいてください。パティシエ自慢の季節を取り入れたデザートも必食。


店内は3つのゾーンに分かれた構成。中央には広いバルスペースがあり、そこでビールやワインと共にイベリコ豚やイワシの酢漬けなどの定番タパスが味わえます。キッチンの様子が見える構造は、昔ながらのスタイル。
両サイドにはサロンがあり、そして一番人気なのがテラス席です。テラスからは、ソルの名物の1つに数えられるティオペペの大きな看板も見えます。また、マドリードの心臓部といえるプエルタ・デル・ソル(太陽の門)を見下ろすことができます。

天気を問わず、一時閉店する時間帯がなく、年中無休。日本とは違うスペインレストランの営業時間に悩まされることなく、いつでも食事ができるのは観光客には嬉しいことです。

ソル駅のすぐ目の前。百貨店エル・コルテ・イングレスの5階。道に迷いやすい人でも、ここなら迷うことはないでしょう。

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!