マドリードのシンボル

Inicio / マドリードのシンボル / 待ち合わせはここで…「クマとイチゴノキ」

待ち合わせはここで…「クマとイチゴノキ」

シェアする

マドリードで「待ち合わせ」といったら、プエルタ・デル・ソルに建つ〝クマ〟の前。
太陽の門と呼ばれる広場にある「クマとイチゴノキ(山桃)」の像は、マドリードを知る人なら誰もが知るシンボル的存在です。イメージでいうと、渋谷のハチ公のようなもの。このクマはいつも、写真を撮る観光客と、誰かと待ち合わせをしている人たちに囲まれています。

マドリードの紋章にも、クマとイチゴノキが描かれています。街のいたるところで見かけることができるクマのシンボルは、市の施設や管理であるという印。

なぜクマとイチゴノキ?
その由来については諸説あります。「マドリードにクマが実在していたから」、または「ある親子クマの伝説から」、もしくは「星座の大熊座から」など。いずれにしても、マドリードを象徴する大事な存在である、ということは確かです。

2009年に工事のため一時場所を移動していましたが、現在はプエルタ・デ・ソル広場の東側、時計塔を背にして右手側に建っています。

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!