中心地のカクテルバー

Inicio / 宿泊 / ヘミングウェイが愛したダイキリ

ヘミングウェイが愛したダイキリ

シェアする

1950年にスウェーデン王室によって開業され、現在5つ星を冠しているホテル『NH Collection Madrid Suecia(NH コレクション・マドリード・スエシア)』。街の中心地にあり、屋上テラスからはマドリードのパノラマが望めます。


このホテルは、アーネスト・ヘミングウェイやチェ・ゲバラが宿泊していたことでも知られています。ヘミングウェイは部屋で小説の執筆に没頭し、バーではダイキリに情熱を傾けていたのだとか。

オープン当時から、このホテルのカクテルと料理には特別な魅力があると言われていました。その上品な味わいを知ることができるスペースが、現在4つあります。

まずはエントランスロビーへ。来客たちを招く入口は、クラシカルなインテリアよって厳かに演出されています。1階スペースでは朝食やタパスが用意され、宿泊客以外でも利用可能。

2階にはレストラン『Casa Suecia(カサ・スエシア)』があります。シックなトーンの落ち着いた空間。大きな本棚を置いているのは、ヘミングウェイに敬意を示しているからなのだそう。料理を手がけているのは、星を獲得しているシェフ、カルレス・テヘドル氏。メニューの中で特に人気の3品が、セシーナ(牛の生ハム)とルッコラをのせたコカ(ピザ)(Coca polar al aroma de ajos y hierbas con cecina de vaca y rúcula)、フェンネルのサラダとスモークサーモン(Salmón a la madera con ensalada de hinojo)、イディアサバル産チーズのパンを浸したオニオンスープ(Sopa de cebolla con pan queso Idiazábal)。

屋上へとのぼると、360度のパノラマビューを望められるテラスがあります。芸術的なカクテルを作ることで知られるアンドリアン・セオヴ氏による、サプライズカクテルを、ぜひここで。人気のメニューは、黒のモヒートです。

最後に紹介する4つめのスペース。それは、隠された秘密のプライベートクラブです。ロビーからカフェへ向かう階段へ進むと、トイレがあります。そこにいくつかドアがあるのですが、引き戸となっている1つのドアを開けると、ヘミングウェイも通っていたというバーがそこにあります。ヒョウ柄の絨毯に、赤いベルベッドのソファ。カウンターのウッドテーブルは18世紀にあった教会で使われていたものだそう。歴史を含んだレトロな大人の空間は、食後のくつろぎに最適です。

ヘミングウェイが好んでいたカクテルは、フローズンダイキリの「パパダブル」。彼の小説「海流の中の島々」にもダイキリが登場します。バーではその味を現代風に再現し、ロン・サカパ23+グレープフルーツ+マラスキーノをミックスしています。
このほか、ロン・サカパXO+ビターチョコレート+砂糖をミックスし、バナナの葉でスモークする「オールドファッションXO」も店のおすすめ。

前衛的な挑戦に走りすぎず、古典をいかに現代に添わせるかに工夫を加えているサービス、インテリア、料理、そしてカクテル。贅沢なひとときを求めているあなたに知ってほしい場所です。

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!