お土産選びに

Inicio / 雑貨 / 昔懐かしいスペイン雑貨を現代のライフスタイルに

昔懐かしいスペイン雑貨を現代のライフスタイルに

シェアする

「スペインで生まれた昔ながらのいいもの」を集めたセレクトショップ『Real Fábrica Española(レアル・ファブリカ・エスパニョーラ)』。ここでは、スペインのおじいちゃん、おばあちゃんたちに愛用されていた雑貨やブランドが甦っています。

スペインの歴史と伝統を感じさせてくれる民芸品

例えば、エスパルト製のカゴや動物の頭の壁飾り。
エスパルトはイネ科の植物で、その葉を編み込んで作られた生活雑貨はスペイン南部地方を代表する伝統工芸品です。ここ『レアル・ファブリカ』で販売されているのは、ハエン製。優しい自然な色合いと軽さが特徴で、年月を経るほど味わいが増していくといいます。

また、世代を超えてファンが多いというのが、ピューター製のティーポットやコーヒポット。
ピューターはスズを主成分とした合金で、抗菌性があり水を浄化するといわれています。熱伝統率が高いため温めやすく、飲み物をおいしくします。
そのほか陶器やホーローのキッチン用品も、ビンテージテイストの素朴な味わいが魅力です。

ファッション小物での注目は、羊の革を使ったバブーシュ。マジョルカで作られた柔らかなパブーシュはルームシューズとして最適。

ほかにも、インテリア雑貨、クラシカルなおもちゃ、本、アクセサリー、プレゼント用のパッケージ。さらに、ビールやチーズ、チョコレートや缶詰といった食品までも扱われています。いずれも、スペインの東西南北さまざまな地方へと足を運んで見つけたという特産品揃い。

 

店名の『レアル・ファブリカ』とは、18世紀にスペイン王家が始めた工場の名に由来しているといいます。かつて実在していた王家の工房〝レアル・ファブリカ〟は皇族や貴族たちのための高級品を製作していました。その古き良きスペインの伝統に対する誇りと思いを、この店ではカジュアルな形にして現代の人々に伝えています。

「パリやNYでは人々が自分たちが持っている価値を知っている。同じようにマドリードにも価値あるものが存在している。忘れ去られた伝統を取り戻したい。そしてスペイン経済を活性化させたい」と、プロジェクトを立ち上げたロシオ・ムニョスさんは語っています。

ショップがあるのは、スペインの歴史と文学を象徴するセルバンテス通りの9番。
現代の暮らしに温かみを与えてくれる民芸品や手作り雑貨に会いに来てみてください。

取材:Laura Pérez

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!