アート・建築

Inicio / アート・建築 / ドロテア・タニング作品展。ソフィア王妃芸術センターにて

ドロテア・タニング作品展。ソフィア王妃芸術センターにて

シェアする

2019年1月7日(月)まで、ソフィア王妃芸術センターにて女流画家ドロテア・タニング氏の作品展(Detrás de la puerta, invisible, otra puerta)が行われています。

20世紀の美術史における重要な画家といわれる彼女。特に初期に描かれたシュルレアリスム絵画は今なお注目されています。

冒頭の写真は、中でも代表的な作品である「小さな夜の曲」。
少女たちの装い、巨大なひまわり、奥の部屋から漏れる光。非現実が現実に混ざり合い想像力を駆り立てます。

女性の内面を描いた作品も多く、彼女自身のポートレートも非常に魅力的です。

出身はアメリカ。ドイツの画家マックス・エルンストの妻であり、フランスで活躍していたことも。
・・・と、スペインの画家とは違うのですが、ソフィア王妃芸術センターはこのような期間限定の企画展も見どころです。

シェアする

¿ Recibes nuestra newsletter ?

No te pierdas nuestro boletín semanal de noticias para estar informado, antes que nadie, de las mejores promociones, eventos y novedades de Madrid. ¡Suscríbete!